私たちが考える有用性評価

ciel_img_01_02_text.png

 皮膚科学の進歩は、私たちに多くの知見と商品開発への様々な道筋(コンセプト)を提案してくれます。商品開発において、コンセプトは市場競合商品や自社既存商品と差別化する上でとても重要なポイントになります。
  しかし、このコンセプトを机上の空論(セールストーク)に終わらせるのではなく、実際に機能し、皮膚への有用性を発揮させるようにすることが大切です。

有用性評価は3つのステップで評価することが大切であると考えています。
① 有用性が期待される素材の効果をin vitroの実験系で確認
② 前臨床評価として培養皮膚モデルや摘出皮膚を用いて、経皮浸透を含めた効果の確認
③ ヒト使用試験において効果の検証

このステップを論理的、科学的かつ客観的に行うことがEvidenced based cosmeticsの概念に基づいた商品開発につながります。