角層計測プログラム「コルネオサイトメトリー」

cm1004-300x245.png

皮膚の状態を非侵襲的に評価する方法として、角層細胞診断法があります。私たちCIELは角層細胞診断に特化した角層計測プログラム 『コルネオサイトメトリー』 を開発しました。

角層細胞は、粘着テープで剥離採取しスライドグラスに転写後、染色、顕微鏡画像を撮影します。この画像から、細胞面積、多重剥離の割合、有核細胞の比率を計測することにより表皮の状態を評価することができます。また、SH染色によって、角層細胞の成熟度も評価することができます。

肌荒れ状態にある皮膚では、細胞面積が小さくなり、多重剥離の割合が高くなり有核細胞の比率も高くなってきます。

角層計測プログラム 『コルネオサイトメトリー』は、細胞面積と多重剥離の割合、細胞の形状の美しさや角層細胞の成熟度を簡便に計測することができるプログラムです。

詳しい内容はこちらからご確認いただけます。